heroku-buildpack-focus

by milabo

GitHub Readme.md

Heroku buildpack

libフォルダの中身は以下に同構成で配置
http://nethive.info/lib_dev/

Tips

make済みtar.gzを作成する場合

前提条件

Dyno 上で動作させる環境と合致させるために以下の設定が必要となります。

OS
Ubuntu 14.04.5 LTS
ユーザ
一般ユーザ
事前に必要なディレクトリ
/app
/app/.vendor
/app/tmp

作成手順

    sudo curl -s -L http://yourservername/mecab-0.996.tar.gz | sudo tar zx -C /app/tmp
    cd /app/tmp/mecab-0.996
    sudo ./configure --silent --prefix=/app/.vendor/mecab-0.996 --sysconfdir=/app/.vendor/mecab-0.996/etc > ~/configure.log
    sudo make --silent
    sudo tar -zcf mecab-0.996.tar.gz mecab-0.996/*

別サイトからtar.gz(未make状態)を取得し、ビルドする場合

以下のように修正してください。

(例)
bin/steps/compile-mecab(修正前)

    tar -zxf $LIB_DIR/mecab-0.996.tar.gz -C $CACHE_DIR
    cd $CACHE_DIR/mecab-0.996
    make install --silent | indent

bin/steps/compile-mecab(修正後)

    curl -s -L http://yourservername/mecab-0.996.tar.gz | tar zx -C $CACHE_DIR
    cd $CACHE_DIR/mecab-0.996
    ./configure --silent --prefix=$INSTALL_DIR/mecab-0.996 --sysconfdir=$INSTALL_DIR/mecab-0.996/etc
    make --silent | indent
    make --silent install | indent

mecab-ipadic-2.7.0-20070801.tar.gz や他ライブラリについても同様です。

その他注意

  • .profile.d script でローカル $ 変数は利用不可
    (ビルドパック実行後に script が走るため、ローカル $ 変数を認識できない)