DreamHouseJP Bot for LINE

by dreamhouseapp-jp

GitHub Readme.md

LINE 用の Salesforce Bot

DreamHouse サンプルアプリケーションで使用する、Salesforce ベースのBotです。

Botのインスタンスを作成するには、以下の手順を実行します。

ステップ 1:DreamHouse アプリをインストールする

DreamHouse サンプルアプリケーションをまだインストールしていない場合は、この手順を実行してインストールします。

ステップ 2:接続アプリケーションを作成する

Salesforce 接続アプリケーションをまだ作成していない場合は、以下の手順を実行して作成します。

  1. Salesforce の[設定]で、クイック検索ボックスに「アプリ」と入力して[アプリケーション]リンクをクリックします。

  2. 接続アプリケーション]セクションで、[新規]をクリックし、次のように接続アプリケーションを定義します。

    • 接続アプリケーション名:DreamhouseJpLineBot(または任意の名前)
    • API 参照名:DreamhouseJpLineBot
    • 取引先責任者メール:自分のメールアドレスを入力します。
    • OAuth 設定の有効化:チェックボックスをオンにします。
    • コールバック URL:sfdc://success (このURLは後で変更します)
    • 選択した OAuth 範囲:フルアクセス(full)
    • 保存]をクリックします。

ステップ 3:LINE Channelを作成する

  1. LINE ビジネスセンター及び LINE ビジネスセンター で、LINE Botタイプの LINE Channelsを作成します。

    • Channel Access Tokenは次のステップで利用するため、クリップボードに保持しておきます。

ステップ 4:Herokuへデプロイする

  1. Heroku ダッシュボードにログインしていることを確認します。
  2. 下のボタンをクリックして、LINE Bot を Heroku にデプロイします。

Deploy

  1. 以下の通りに環境変数を設定します。

    • LINE_ACCESS_TOKEN]:前のステップで作成したChannelのアクセストークンを入力します。
    • SF_CLIENT_ID]:Salesforce 接続アプリケーションのコンシューマキーを入力します。
    • SF_CLIENT_SECRET]:Salesforce 接続アプリケーションのコンシューマの秘密を入力します。
    • SF_USER_NAME]:Salesforce 統合ユーザーのユーザー名を入力します。
    • SF_PASSWORD]:Salesforce 統合ユーザーのパスワードを入力します。

ステップ 5:接続設定とアクセス確認

  1. LINE Channelの Webhook URL の部分にデプロイした Heroku アプリの URL を入力し、末尾に /webhook を付加します。次に例を示します。

    https://myapp.herokuapp.com/webhook
    
  2. Salesforceの [接続アプリケーション]セクションにある、コールバック URLをデプロイしたHerokuアプリのドメイン http://yourappname.herokuapp.com/oauthcallback.html へ変更します。

  3. LINE Bot Channelにクライアントからアクセスし(チャネルページのQRコードで友達登録でいます)、メッセージを送信してみます。チャットBotに「ヘルプ」と入力し、返事が帰ってくる事を確認します。